当サイトの一部ページには、アフィリエイト・アドセンス・アソシエイト・プロモーション広告を掲載しています。

Amazonのアソシエイトとして、Security Akademeiaは適格販売により収入を得ています。

広告配信等の詳細については、プライバシーポリシーページに掲載しています。

消費者庁が、2023年10月1日から施行する景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています。もし問題のある表現がありましたら、問い合わせページよりご連絡ください。

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

Adobe Acrobat Proのコードが期限切れになったらどうなるか

2023年10月19日

Adobe Acrobat Proのサブスク遍歴

クレカで1年プランを支払っていた

3年コードを買った

コードの期限を迎えるとどうなるか?

「最初はクレカでAdobe Acrobat Proプラン契約」

⇒「Amazonで買った3年コードを適用したら、プランが二重化された」

⇒「クレカで契約したプランを解約」

⇒「今回初めてコードのプランの期限が切れた」

コードの期限切れでソフトの機能が制限されるだけならよいのですが、文面だけを見ると勝手にクレカの自動支払いに切り替わるように読み取れます。ただし、Adobeのことなので日本語が不自由な可能性があります。

コード期限後、無事サブスク終了した【結論】

放置したら勝手にクレカでのサブスク継続にならずに、無事終了しました。メールでその通知がきました。

Adobeのマイページからプランを確認すると、有料プランから消えています。

PDFファイルを開くと、次のように購入を促されますが、×ボタンで閉じられます。

編集・変換をするなら課金しなければなりませんが、校正のためにコメントを追加するだけであれば無料のままでよさそうです。

次回同人誌を作成する際に、グレースケール化するためには変換機能が必要だと思うので、その際にはまた課金しなければならなさそうです。

AdobeAcrobat,サブスク

Posted by ipusiron