楽天ポイントをフル活用する方法【期間限定ポイントの現金化も】

2021年6月30日

楽天経済圏を活用していれば自然と楽天ポイントが溜まります。特に楽天せどりをしているのであれば、大量に溜まることでしょう。
本記事の目的は楽天ポイントの現金化の方法を網羅することではありません。数ある方法のうち、実用的と思われるものをピックアップしました。

独断と偏見によるセミリタイアへの必須度

項目概要
シーン使う力
溜まった楽天ポイントを現金のように使う。ただし、お得に使いたい。あるいはお得に現金化したい。
金銭的リターン1ポイント=1円の等価交換は基本。
1ポイントを1円未満に現金化できてもおいしくない。
1ポイントを1円超で現金化できればベスト。
金銭的コスト特になし。
時間的リターン通常は楽天ペイでコツコツ消費すればよい。
一方、期間限定ポイントが消費が追い付かないほど大量にあり、有効期限が迫っているのであれば、積極的に現金化しやすい商品に交換する。一気に交換できるので、手間を大幅に短縮できる。
時間的コスト現金化する手法によっては時間的コストがかかる。一朝一夕。
総合ランク(S>A>B>C>D)セミリタイアへの必須度はAランク
ミジンコ的には「楽天経済圏を積極的に活用しているのであれば、知っておくべき基礎知識」といえる。
セミリタイア・ミジンコ指標

楽天ポイントの基本中の基本

楽天ポイントは主に楽天市場に買い物した時に溜まるポイントです。その他、以下のタイミングで楽天ポイントを溜められます(他にもありますが、ここでは私が活用しているものだけを挙げています)。

  • 買い物
    • 楽天カード(クレジットカード)…楽天証券では楽天カードで毎月50kまで投資信託を購入できる。
    • 楽天ペイ…電子決済。楽天ポイントを溜めながら使用できる。ポイントが足りなければ、楽天カードからの支払いになる。
    • 楽天リーベイツ…楽天以外のショップで購入時に追加で楽天ポイントが溜まる。
  • ポイ活
    • 楽天ウェブ検索
    • 楽天スーパーポイントスクリーン
    • 楽天リワード

その他には、楽天のランクを上げておくと、誕生日にもらえる楽天ポイントをたくさんもらます。

楽天ポイントがどの程度貯まるか

私は楽天経済圏を活用していますが、楽天せどりをするようなガチ勢ではりません。画像で一目瞭然ですが、毎年数万円は楽天ポイントが溜まっています。2021年6月の時点で獲得した楽天ポイントの累積が約40万ぽいんとに達したようです。1ポイントが1万円相当の価値だと考えれば、大きな金額に感じるのではないでしょうか。

楽天ポイントや楽天経済圏に興味を持った方へ

まずは楽天カードを作ることが最初の一歩になります。楽天カードなら年会費なし、新規入会でポイントがもれなくプレゼントされるようです。

以下のバナーから入会すれば、5,000ポイントが同時にもらえます。

通常ポイントと期間限定ポイント

楽天ポイントは通常ポイントと期間限定ポイントの2種類に分類できます。

  • 通常ポイント
    • ポイントの消費方法は豊富。ほぼ現金と同等の扱い
    • 実質的に有効期限はない(本当のところは有効期限が1年ですが、ポイントの獲得ごとに期限が自動で1年間延長されるので、有効期限はほぼないといえる)。
    • 楽天カードの支払いに使える。
  • 期間限定ポイント
    • 名前の通り、有効期限がある。具体的な期限についてはポイント獲得のきっかけとなったサービスやキャンペーンによって異なる。
      • 新たに期間限定ポイントを得ても、有効期限は延長されない。
    • 消費方法に制限がある。

通常ポイントはいくらでも現金化できるのでそれほど問題ない。問題となるのは期間限定ポイントです。

楽天ポイントの基本について述べましたので、以降では実際の活用法や現金化について紹介します。

楽天ペイで楽天ポイントを使う

これが最も無難な方法といえます。楽天ペイであれば楽天ポイント(通常ポイントと期間限定ポイントの両方)を適用できます。

日々の買い物(食料品や日用品)の際に、積極的に楽天ペイを使い楽天ポイントを消費するのです。現金の代わりに楽天ポイントで支払っていることになります。

楽天ポイントを使っても、支払額に対してポイント還元を受けるので、無駄になっていません。

楽天ペイなどで決済すると自動で以下の順番で優先して使われます[1]楽天キャッシュに関しては優先度を変更できます。

期間限定ポイント>通常ポイント

私の場合は、楽天ペイを使えないスーパーを避けるようになりました。

楽天ペイで仕入れする

物販をしているのであれば、楽天ペイを使って店舗せどりするのが有効です。どうしても食料や日用品で楽天ポイントを消費しようとしても限界があります。1ヶ月5万ポイントは消費しないでしょう。

一方、物販の仕入れであれば数万円~数十万円でも使うはずなので、積極的に楽天ペイで楽天ポイントを消費すればよいのです。ただし、楽天ペイが使える店舗を狙う必要があります。

楽天の規約によると、転売を目的とする購入は禁止とされています。特に、不自然な数の商品を購入すると転売屋と認識されて、アカウントが停止されることもあります。自己責任で。

通常ポイントを使う or 現金化する

通常ポイントで投資する

楽天証券でおいて株や投資信託の購入時に通常ポイントを使えます。

また、楽天ウォレットでビットコインを購入できます。

日々溜まる通常ポイントを積み立て投資として楽しんでいる方もいます。現金を投入しているわけではないので、暴落時にも強い精神力で挑めるでしょう。

私はよく余った通常ポイントを使って投資信託をスポット購入の足しにしています。

投資目的ではなくどうしても現金が欲しいのであれば、楽天証券で購入した投資信託をすぐに解約すれば本当に現金化できたことになります。ただし、売った時点で利益が出れば、その利益に対して税金がかかるので注意ください[2] … Continue reading

通常ポイントで楽天カードの引き落としに充てる

通常ポイントは楽天カードの引き落としに使えます。

例えば、引き落とし額が10万円として、それに対して1万の通常ポイントを使ったとします。すると、指定口座からは9万円が引き落とされます。

ポイントで充当しても、カード利用分のポイント還元は変わりません。つまり、上記の例で言えば、10万円分の利用に対してポイント還元を受けられます。ポイントで充当してもまったく損をしないということになります。

通常ポイント⇒Edy⇒Amazonギフト券を購入する

1:通常ポイントを使ってEdyポイントにチャージできます。

2:Edyポイントにすれば色々な使い道ができます。

コンビニではシートタイプやカードタイプのAmazonギフト券が販売されていますが、電子マネーやクレジットカードで購入できません。つまり、Edyでも購入できないことになります。

よって消去法的にAmazon公式サイトの一択になります。ただし、Edyではチャージタイプしか購入できません。また、Edyは上限5万ポイントまでとなっています。

期間限定ポイントを使う or 現金化する

通常ポイントはほぼ現金と同等なので問題はありませんでした。

期間限定ポイントは通常ポイントと比べて使える場面が限定されますが、楽天市場での買い物であれば期間限定ポイントを使えます。これをうまく利用して現金化する方法について紹介します。

期間限定ポイントでふるさと納税をする

直接現金化できるわけではありませんが、所得税や住民税が安くなるので間接的に節約できたことになります。

総務省は「ふるさと納税の返礼品は寄付額の3割以内にするように」という通知を自治体に出しています。そのためふるさと納税の返礼品の多くは、寄付額の3割程度になります。しかし、一部はその通達を無視しており、10割を超える返礼品さえもあるのです。つまり、こういった還元率の高いふるさと納税を選べば、お得といえます(食べたかったり、欲しかったりする商品でなければ意味はないですが)。

なお、楽天ふるさと納税では寄付金の支払いに楽天ポイント(期間限定ポイントを含む)を使っても、ポイント付与の対象になります。つまり、ポイント払いでもそれに対してポイントが還元されるということです。ただし、ポイント払いにすると、ポイントの付かないSPU項目がある[3]例えば、「楽天カード」「楽天カード+楽天銀行」のSPU2倍分。ので少し損になります。

返礼品が食べ物であれば自分で消費することになりますが、家電等であれば自分で消費するだけでなく転売することもできます。つまり、転売によって現金を得ると同時に、寄付金控除の恩恵を受けられるということです。

ラクマで消費する

楽天ラクマ(以下、ラクマと略す)だと期間限定ポイントを使って落札できます。純粋に欲しい商品でも構いませんし、転売用の商品でもよいでしょう。

また、ラクマではよく割引クーポンが発行されているので、それと同時に使うことでお得に商品を入手できます。

例えば、ラクマで楽天ポイントで仕入れ(ポイント仕入れとも呼ぶ)して、メルカリやラクマで販売します。購入者が出れば、その時点で現金化できたことになります。手数料や送料を考慮しても高く売れたら、最終的に楽天ポイントを現金化できたうえに儲けが上乗せされたことになります。

ここではラクマで仕入れする例を考えましたが、楽天市場で仕入れする際に楽天ポイントを使うというのもありでしょう。ただし、ポイント払いにすると、ポイントの付かないSPU項目があるので少し損になります。

楽天市場にて転売目的を疑われたり発覚したりすると、アカウントがBANされるリスクがあるのでご注意ください。

さらに考えると、以下の裏技を思いつきました(やってはいけません)。
ラクマにアカウントを2つ作るのです(1人で2つのアカウントを作るか、2人で結託しても構いません)。
片方のアカウントで空出品して、もう片方のアカウントで期間限定ポイント or 楽天ペイで落札するのです。当然手数料分は損をしますが、売上金を現金化できます。
出品時に選択する発送方法によっては実際に発送しなくてもばらないため、送料もかかりません。
過去に購入時に使えるポイントに上限があった。このときはその金額に合わせた商品を出品すればよいことになります。そうすれば無駄なくポイントで購入できるわけです。
なお、この方法はおそらく規約違反なので、思考実験だけで留めておいてください。

期間限定ポイントでギフトカードを購入する

図書カード

  • 交換レートはまあまあ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図書カードNEXT/5,000円券
価格:5250円(税込、送料別) (2021/6/23時点)

 

楽天で購入

 

 

 

 

JCBカード

  • 交換レートはあまりよくない。
  • 商品券を金券ショップに持っていけば現金化できる。
    • 金券ショップでも満額で買い取りされるわけではない。JCBカードを得たタイミング、金券ショップでJCBカードを売ったタイミングという2回のタイミングで損をしてしまう。

 

App Store & iTunes ギフトカード

  • 交換レートがよい
  • バリアブルカードもあるので、任意のポイントを購入できる。
  • 期間限定ポイントでギフトカードを購入しても、それに対してSPUポイント還元される。よって、1ポイント1円以上に現金化したことになる。
    • つまり、SPUの倍率を上げておくほどお得ということ。
  • 初回購入時に次回10%OFFのクーポンを発行している。
  • このギフトコードには有効期限がない
    • つまり、有効期限のある期間限定ポイントを、有効期限のないこのギフトコードに変換できたことになる。
  • メールでコードが送られてくるというEメールタイプであり、自分のApple IDアカウントに即適用できる。

期間限定ポイントで金を購入する

楽天市場では金などが販売されています。金地金、金貨、装飾品など様々です。

入手した金を買い取り業者やヤフオクで売れば本当の意味で現金化できたことになります。金を持ち続けて、金投資をするのもよいでしょう。

SPUアップのために楽天サービスに使う

期間限定ポイントを使える楽天経済圏のサービスとして以下が挙げられます。これらのサービスを使うことで、SPUアップしますので、次回の楽天市場での買い物で有利なポイント還元を受けられます。

  • 楽天ブックス
  • 楽天Kobo
  • 楽天ファッション
  • 楽天ビューティー
  • など

楽天ブックスで物理本を購入し、自己投資してから現金化する

楽天ブックスにて物理本を期間限定ポイントで購入します。その本を読んでから、メルカリ等で物理本を出品します。こうすることで、自分のスキルアップをしつつ、(中古価格の相場で)現金化できたことになります。

以下の記事を参考にして、楽天ブックスで物理本を購入し、自炊してからメルカリで販売する方法もあります。よって、期間限定ポイントを消費して「本のPDFデータ+(裁断済み本の相場の)現金」(+SPU倍率アップの権利)を得たことになります。

おわりに

期間限定ポイントを失効させずに有効に活用して、セミリタイアに近づきましょう🙋‍♂️

References

References
1 楽天キャッシュに関しては優先度を変更できます。
2 NISA口座、つみたてNISA口座を使えば税金がかかりませんが、投資を積極的にしている人はわざわざ現金化のために貴重なNISA枠を使うのはもったいないです。
3 例えば、「楽天カード」「楽天カード+楽天銀行」のSPU2倍分。