当サイトの一部ページには、アフィリエイト・アドセンス・アソシエイト・プロモーション広告を掲載しています。

Amazonのアソシエイトとして、Security Akademeiaは適格販売により収入を得ています。

広告配信等の詳細については、プライバシーポリシーページに掲載しています。

消費者庁が、2023年10月1日から施行する景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています。もし問題のある表現がありましたら、問い合わせページよりご連絡ください。

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

Program Counter【NandGame編】

はじめに

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

セミリタイア・ミジンコのIPUSIRONです😀

IPUSIRONのプロフィールを見る

Program Counterレベル

Program Conterレベルのゴールは、プログラムカウンターの回路を組むことです。

入力st=0のとき、内部のPC値をインクリメントします。

割り込み(sw=1かつmd=1)が発生した際は、PC値をゼロに初期化します。

Program Counterレベルを解く

直前に解いたRegister with backupレベルの回路に対応するregisterコンポーネントが用意されているので、キャンバスに配置します。

registerコンポーネント

PC値をインクリメントする処理を組み込みます。

指定アドレスにジャンプする仕組みとして、入力側にj端子とX端子があります。jはjumpフラグだと解釈して、セレクターで上書きするPC値を切り替えるようにします。

入力側のsb端子、sw端子、md端子をそのままregisterコンポーネントの同一名のピンに直結します。

リセット時にはPC値をゼロにするので、registerコンポーネントのX0ピンには0を与えます。

registerコンポーネントは、st=1のときの挙動を期待しているので、常に1を与えておきます。

テストにパスすると、クリアになります。