投資信託の分配金コースを途中で変えたくなったら

結論から述べると、NISA口座以外なら自由にできます。

投資信託の2つの分配金コース

投資信託の購入時には2つの分配金コースから選びます[1]一部の投資信託は受取型コースのみになっています。

  • 受取型…分配金があればそれを受け取る。
  • 再投資型…分配金があっても投資信託内で自動で再投資してくれる。

迷ったら再投資型でよい

投資信託を購入するということは長期資産運用であることが多いと思いますので、分配金コースは再投資型を選べば通常問題ありません。

なぜなら複利の効果を最大化したければ、分配金は再投資する必要があります。受取型であれば預り金に分配金を受け取った時点で税金がかかってしまい、目減りしてしまいます。一方、再投資型であれば自動で再投資してくれるだけでなく、税金の分の目減りを避けられます。

すでに投資信託を持っている分配金コースを変更したい

ここでは一例として楽天証券の場合を採り上げます。

リンク先を読むと、変更できる旨が記載されています。

メニューの「投資信託」>「その他サービス」から変更できます。

ただし、楽天証券ではNISAで買った投資信託は分配金コースを変更できません。

つみたてNISAでeMAXIS Slimの投資信託を受取型で買ってしまったら

私はつみたてNISAでeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)等を積立購入していますが、最初に購入した時に知識不足により何気なく受取型で購入してしまいました。

つみたてNISAということは長期運用が前提なので本来は再投資型を選ぶべきです。

ところが、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の目録書を見ると「分配ができる」と書いてありますが、実際には分配金を出していません。

よって、間違えて受取型にしていても、運用上は再投資型と変わりがありません。ただし、マイポートフォリオを表示したときに「受取型」と表示されているので気持ちが悪いかもしれません。

つみたてNISAにおいて、 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)を途中から受取型から再投資型に変更して積み立ててしまうと、それぞれ別々の表示されてしまい、さらに気持ちが悪くなるのでお勧めしません。
積立し始めて1,2ヶ月しか経っていなければ、間違えたファンドを売却してしまい表示をきれいにするのもありでしょう(20年間気持ち悪い感じを受けるぐらいであれば)。

おわりに

私自身の失敗談から本記事のネタが生まれました😅
少しでも多くの方が同様の失敗を避けられることを望みます。

References

References
1 一部の投資信託は受取型コースのみになっています。