2022年2月に取得予定の株主優待まとめ

2月頭に大口優遇を再取得したので、久しぶりに株主優待クロスを少しだけやってみました。
特にイオンはオーナーズカードを維持するために是が非でも取得しなければなりません。また、優待が改良された吉野家も取得すべきでしょう。
いつも欲しいと狙っているミニストップは、今回も在庫の争奪戦に負けて取得できませんでした。
結局のところ、8銘柄分の優待を確保したことになります。

株主優待投資とは

2月権利確定の株主優待

特集記事

2月の取得予定の株主優待一覧

今月は株主優待クロスのみで取得しましたので、下の銘柄がすべてになります。

一覧まとめ

私の名義だけの口座で取得していますので、すべて1名義分になります。

コード銘柄名株数
[株]
投資
区分
優待内容価値
[円]
コスト
[円]
3048ビックカメラ500クロス3k優待券3,000325
3141ウエルシアHD100クロス3k相当品 or 3kTポイント3,000233
3222ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス100クロス3k相当品(カレー5食分)3,00077
7649スギホールディングス100クロス3k買物券3,000474
8267イオン100クロス3%オーナーズカード187
8278フジ100クロス2k優待券 or 2k相当品2,000140
8905イオンモール100クロス3k相当品3,000120
9861吉野家ホールディングス200クロス5k優待券5,000359
22,0001,915

過去に取得したことがある銘柄たち

過去に優待を取得したことがある銘柄もたくさんあります。一部は優待の内容が変わったものもあります。

想定利益はいくらか?

食料品は基本的に自分で消費します。

クオカードや優待券の金券の一部は自分で消費しますが、使い切れないと判断したものは売却する予定です。金券の取り扱いありの古物商を持っているので、売れた時点で売り上げに計上しています。

優待価値の合計額に対してざっくりと70%を掛け合わせた結果を想定価値とします。そこから株主優待クロスの取得コストを引いたのが、最終的な想定利益になります。

想定利益13,485円(=22,000円×0.7-1,915円=15,400円-1,915円)でした。

おわりに

最近の株の上げ下げが激しいですが、株主優待クロスであればまったく気にすることはありません。
ほぼ安全に一定額の利益が得られます。将来的に株主優待は徐々に改悪されていく流れだと思いますので、稼げるうちに稼いでしまいましょう(過去数年前はもっと余裕に稼げたという話を聞く)。