当サイトの一部ページには、アフィリエイト・アドセンス・アソシエイト・プロモーション広告を掲載しています。

Amazonのアソシエイトとして、Security Akademeiaは適格販売により収入を得ています。

広告配信等の詳細については、プライバシーポリシーページに掲載しています。

消費者庁が、2023年10月1日から施行する景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています。もし問題のある表現がありましたら、問い合わせページよりご連絡ください。

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

Substraction【NandGame編】

2023年12月16日

はじめに

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

セミリタイア・ミジンコのIPUSIRONです😀

IPUSIRONのプロフィールを見る

補数を使った減算の実現について

Substrationレベル

Substrationレベルのゴールは、減算器を作ることです。

入出力は16ビットとするので、16ビットの減算器になります。

Substrationレベルを解く

減算する典型的なアプローチは、引く値をビット反転して、1を足してから、引かれる値との加算を計算します。

デジタル回路的にいえば、ビット演算した後の1加算に加算器を持ち出す必要はありません。

次のように、加算器の入力Aに引かれる数、入力Bにビット反転した数、入力c1(キャリーインに相当)に定数1を与えるようにすればよいのです。