当サイトの一部ページには、アフィリエイト・アドセンス・アソシエイト・プロモーション広告を掲載しています。

Amazonのアソシエイトとして、Security Akademeiaは適格販売により収入を得ています。

広告配信等の詳細については、プライバシーポリシーページに掲載しています。

消費者庁が、2023年10月1日から施行する景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています。もし問題のある表現がありましたら、問い合わせページよりご連絡ください。

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

ゼンショーホールディングスから株主優待を頂きました

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待

権利確定日3月末、9月末
優待内容[1]100株⇒500円券×2枚
[2]300株以上⇒500円券×6枚
[3]500株以上⇒500円券×12枚
[4]1,000株以上⇒500円券×24枚
[5]5,000株以上⇒500円券×60枚
株主優待の基本情報

詳細は公式サイトを参照ください。

お食事ご優待券が使える場所

ゼンショーホールディングスに属する飲食品で使えます。

  • 牛丼チェーン「すき家」
  • スタンダードレストラン「ココス」
  • ファミリー焼肉レストラン「宝島」
  • メキシカンレストラン「エルトリート」
  • 焼肉・しゃぶしゃぶ「牛庵」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ビッグボーイ」
  • 手ごねハンバーグ・サラダバー「ヴィクトリアステーション」
  • 自家製うどん「久兵衛屋」
  • 丼ぶりと京風うどん「なか卯」
  • 寿司チェーン「はま寿司」
  • パスタ専門店「ジョリーパスタ」
  • 和食レストラン「華屋与兵衛」
  • イタリア食堂「オリーブの丘」

届いた内容

2021年9月権利分の株主優待が届きました

12月8日に9月権利分の株主優待が届きました。

売ったら利益が出るか?

メルカリでの相場によると額面の95%とかなり高いです。

未開封の12k分の優待券が13kで売れていたのが1件だけありました。
未開封だと逆に価値が上がるのでしょうか?😅

もし売ったらいくら得するかを計算してみた

  • 前提
    • 楽天証券+大口優遇
    • 株主優待クロス
    • 信用(長期)で、8月30日に売建分が約定
      • つまり、1ヶ月前に取得。
    • 取得株数:1,000株
      • 片側の注文で約270万円
  • 利益
    • お食事ご優待券12k
    • メルカリで販売したとすると、10,325円(=11,666円-手数料1,166円-ネコポス送料175円)
  • コスト
    • 買コスト:0円
    • 売コスト:2,549円

よって、7,776円(=10,325円-取得コスト2,549円)の利益になります。

売ってしまうと手数料の10%分目減りするので、たびたび外食をする人は自分で使ってしまった方がお得でしょう。