福島県民割を活用してみました【宿泊費を32k⇒11.5kにできました】

福島県民割を使って旅行に行ってきたので、それを記事にしました😀
これから使おうと思っている方は参考にしてください。
普通に宿を予約するより手間はかかりますが、確実にお得ではあるので挑戦してみることをおすすめします🙋‍♂️

福島県民割とは

福島県民向けの割引サービスです。福島県民が観光目的で福島県の宿に泊まると割引されます。

福島県以外でも同様の割引サービスが始まっているので、検索してみてください。

福島県民割を使うとどの程度お得か

福島県民割を受けるには

詳細は公式ページを確認してください。

ポイントは次の通りです。

  • 福島県民割のサービスにアカウントを作り、サービスを受けることを登録する。
  • 対象期間と対象宿は要確認。
  • 最初は10月末までだったが、11月まで延長された。ただし、宿の上限補助額が決まっているので、宿によってはすでに補助が受けられない状況になっている。

福島県民割を使って土湯温泉に行ってきました

楽天トラベルで予約しました

私の場合は、楽天トラベルで宿を予約しました。福島県民割を受けるには、現地で現金払いを選択しなければなりません。

なお、人気の宿は県民割の対象期間はすでに予約がいっぱいでした。

楽天トラベルに予約した後は、福島県民割のサイトにアクセスして、予約番号等を入力して県民割を受ける登録をします。しばらくたつとクーポン券が発行されるので、クーポン券を印刷しておき、宿に宿泊時には忘れずに持って行ってください。バックアップとしてクーポン番号を書いたメモを財布に入れておくとよいでしょう。

さらに、福島県民であることを証明するために身分証明書を提示します。宿泊者全員の身分証明書(免許証、保険証など)を忘れないようにしてください。

宿によっては新型コロナウイルスのワクチン接種済みを要求されることがあります(まれ)。予防接種済証(予防接種券を2枚貼り付けたはず)を持って行けば万全です。

旅行の出発前

徒歩、自転車、電車、車などの移動でマイルが貯まるMilesアプリを旅行の前にインストールしていました。

旅行を通じて結構マイルが貯まっており、お得に感じました。でも車より徒歩やジョギングの方が効率よく貯まるようです。

これからインストールする方は、もしよければ私の招待コード「AFGDP5」をお使いください。

旅行に出発

福島県民割を使って、10月下旬に祖母と土湯温泉に行ってきました。

宿泊した宿は「風望天流太子の湯 山水荘」です。

2人宿泊だったので、クーポン券は4k分(2k×2人)をもらいました。どこでも使えるわけではなく、クーポン券に記載されたQRコードで確認できます。大抵は宿に併設されたお土産屋であれば使えるはずです。

お土産屋は独自の割引券を発行していることがよくあります。LINEに登録すると500円割引券がもらえました。クーポン券と同時に使えるので使った方がよいでしょう。

宿泊コースは「霜降り牛肉のすき焼き+松茸の陶板焼き」付きの食事コードを選びました。

温泉は外の川が大迫力でよかったです。

以下の画像は宿内のこけし、そして散歩した時に撮影したものです。

旅行からの帰り道

土湯温泉からの帰り道に、飯野町のUFOふれあい館にも寄ってきました。

旅行後

いくら福島県民割でお得だったとしても、実際には11.5kの出費があるのではないかという指摘があるかもしれません。しかしながら、旅行をしたのになぜかお金は増えました🤔(方法は秘密)

さらに利益を追うために次のことをやっておきました。ちょっと手間はかかりますが、こういう機会でないとできないチャンスなので積極的にやってみました。

楽天トラベルでレビュー

楽天トラベルでの50万ポイント山分けキャンペーンをしていたの、レビューを投稿しました。

日産のドライブガレージに投稿

日産のドライブガレージに旅行の話を投稿しました。運よくAmazonギフト券が10kが当たれば最高ですね。

おわりに

よい思い出になりました🙋‍♂️
また来年旅行に行けたらよいですね。