このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

システムの復元

  • 復元ポイントはその時点でのWindowsの状態を記録したものなので、レジストリの内容がdllファイルがの構成なども含めて、ほぼ完全にその状態に戻せる。
  • システムの復元機能を使うと、レジストリの状態も復元ポイントの時点に戻される。そのため、復元ポイントを記録した後にインストールしたソフトウェアであれば、復元ポイントまで戻した時点で、それらはすべて使えなくなる。
    • ソフトが正常に機能するためには、レジストリ情報が必要だからである。
    • また、復元ポイントにはスタートメニューの状態も記録されているので、ソフトが使えなくなるだけではなく、スタートメニューからも消えてしまう。
      • ただし、メニューから消えても、インストールしたプログラムのファイルはそのままディスクに残っている。システムの復元機能は原則として復元を行うだけであり、勝手にファイルの削除は行わないためである。
  • 復元ポイント作成後にインストールしたソフトは、復元操作の前に通常の手順でアンインストールしておくのが間違いない。
    • そうしないと、ディスクにゴミがたくさん残ってしまう。

自動的に作られる復元ポイント

WindowsXPの場合

  • WindowsXPインストール直後
  • 24時間に1回
    • 24時間以上連続して電源が入っていない場合は、次に起動した場合
  • 「InstallShield」や「WindowsXPインストーラ」などの復元機能に対応したインストール管理ソフトが起動したとき(ソフトのインストールまたはアンインストール直前の状態)
  • 「Windowsの自動更新」「Windows Update」などの機能でWindowsXPのシステムが変更される直前
  • 「システムの復元」を行う直前(復元直前の状態)
  • 正式に署名または保障されていないドライバをインストールしようとしたとき(インストール直前の状態)
  • WindowsXPのバックアップユーティリティで回復を行う直前の
  • 停止していた「システムの復元」機能が再開したときに

復元について

WindowsXP

参考文献

  • 『ウィンドウズの仕組みがわかるとトラブルに強くなる』