このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

開発費の見積もり

 開発費用などを産出するには、開発規模を数値化する必要がある。開発規模を見積もる方法には、次の2つがある。

プログラムステップ法(ハルステッドモデル)

 プログラムの原始コードののステップ数(プログラムの行数)を算定し、開発規模を見積もる方法。1877年に発表されたコストモデルである。

ファンクションポイント法

 システム全体の機能(ファンクション)を洗い出し、その機能の開発の難易度や規模ごとにポイントを設定し、開発規模を見積もる方法。1985年に発表されたコストモデルである。

 ファンクションポイント法では、ユーザーに提供する機能を次の5つに分類する。

  1. 外部入力
    • 例:画面入力
  2. 外部出力
    • 帳票出力
  3. 外部参照
  4. 内部論理ファイル
  5. 外部インタフェース

 これら各機能に、開発レベルの難易度から求めた係数を乗じることで開発規模を定量化する。ユーザーファンクションタイプ(ユーザーから見た機能を分類したもの)ごとに、測定個数と重み付け係数の積を求めて、それらを合計したものが未調整ファンクションポイントである。これと、複雑さの歩数係数との積が調整済みファンクションポイントである。

 この方法には、次のような特徴がある。

  • ユーザーからみえる部分で見積もるので、ユーザーにも理解しやすい。
  • 過去の実績データをもとに調整していくので、データの蓄積が必要である。
  • 見積もりを適用する際の解釈の標準化が必要である。

COCOMO

 プログラムステップ数にプログラム難易度や開発要員の能力などの係数を掛けて工程を見積もる方法をCOCOMO(COnstructive COst MOdel)という。1981年に発表されたコストモデルである。プログラマーの作業量を統計的なモデルを使って計算する。

 COCOMOは中〜大規模のシステムの見積もりに適した方法である。システムを次の3つのモードに分類し、それぞれのモードごとに総開発工数と開発期間を算出する。

組織モード小規模のシステム開発
半組込みモード通常の業務システム開発
組込みモード大規模かつ制約の多いシステム開発

 この方法には、次のような特徴がある。

  • 単独で用いられる他、他の方法の見積もり結果の検証にも用いられる。
  • 多くのシステムの開発工数など、実績データを蓄積・分析する必要がある。

ワークサンプリング法

 ワークサンプリング法とは、作業時間を見積もる方法のひとつである。一定時間ごとに作業内容を観察し、どの作業が何回行われたかなどの統計を取り、その統計結果をもとに実際の作業時間を見積もる。定量化しにくい作業の分析に向いている。

システム運用のコストを開発時に考慮しておく

 システムの運用にはコストがかかるため、システムを開発する際には、あらかじめ総コストを十分に検討しておく。

 検討材料としては、次が挙げられる。

  • 機器の購入費用
  • 保守運用
  • 維持費
  • アップグレード費用

 これらの総費用を表すTCO(Total Cost of Ownership)がもっとも少なくなるようにする。TCOは主に次の2種類に分類することができる。

  1. 初期コスト(イニシャルコスト)
    • システムを運用するために必要な費用。
      • 内訳:ハードウェア費用、ソフトウェア費用、ネットワーク回線設置費用など
  2. 運用コスト(ランニングコスト)
    • システムを運用するための費用。
      • 内訳:ハードウェア保守費用、ソフトウェア保守費用、ネットワーク回線使用料など

TCOの機能別分類

 TCOは機能越に分類すると、次の項目に分類できる。

  • アプリケーションテスト
  • 情報基盤コスト
  • 人件費(企画・運用)

参考文献

  • 『超図解mini 基本情報技術者試験 平成19年度版』
  • 『ソフトウェア開発技術者 午前対策(基礎編) テキスト』
  • 『ソフトウェア開発技術者 合格エッセンシャルハンドブック』
  • 『平成12年度 【要点・重点】短期集中速攻対策 第1種』