このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

チューリング

  • アラン・チューリング
  • 人工知能の創始者。
  • ロボテックスの哲学的基盤を与えたと言える。
  • 1936,7年の論文で、チューリングマシンの概念を提案。
  • ゲーデルの不完全性定理と同等なチューリングマシンの停止問題を考えた。
  • 第2次世界大戦中、英国政府が組織した暗号研究に加わり、エニグマ暗号の解読器を改良して、ドイツ軍のUボート作戦に関する秘話通信の解読に成功する。
  • 第2次世界大戦後、マンチェスター大学の数学講師の職に戻ると、真空管を32個用いて1ワード32ビットの蓄積プログラム方式(世界初)に基づく電子計算機Mark1の開発に参加した。
  • 15歳のときに、グレゴリーの公式を自ら発見し、数学教師に正しいかを尋ねて驚かせた。
    • π/4=1-1/3+1/5-1/7+…
  • 15歳のときに、1歳年長のクリストファー・マルコムに出会い、影響を受ける。
    • マルコムの父親は蒸気タービン製造の大企業の社長、母親は彫刻家、母方の祖父はエジソンとは別個に電球を発明しナイトの称号を持ち、兄はケンブリッジ大学卒業後にアインシュタインがいたことのあるチューリッヒ工科大学で物理学の研究をしていたという家系を持つ。

参考文献

  • 『ロボットにかける夢』
  • 『天才の栄光と挫折』