フラッシュバック現象

  • マリファナ、LSD、メスカリンなどの薬物の使用を中止しているのに、何かのはずみで、薬物使用時に出現したのと同じ幻視・幻聴が出現する現象のこと。
  • フラッシュバック現象は不安・恐怖・緊張などの感情を伴ったりもする。
  • 心理的ストレスにあったり、酒を飲んだり、精神を集中したり、落ち込んだりしたとき、フラッシュバック現象が起きやすい。
  • フラッシュバック現象は、状況に依存した一種の学習という説もある。
    • ビデオを繰り返し見せることが、あと後まで、その人の感覚・感情、さらには行動にまで影響するのである。
    • アメリカのハーバード大学の心理学者B・F・スキナーは、動物実験を行い、「報酬を与えた時よりも、恐怖を与えた時の方が、学習は有効で、しかも一生解消されない」と述べている。

参考文献

  • 『説得の科学』