このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

インテリア

・ダイニングテーブルようなしっかりした器具は、爆発や銃弾による破片から身を守るのに使える。

・消火器や防火用毛布も備えておこう。侵入者は最初に火炎瓶を投げつけておいて、あなたをあぶり出そうとするかもしれないからだ。

・市民による暴動・騒乱などが発生した場合は、窓ガラスにはテープを張り、カーテンやブランドを閉めておく。そして、ドアの内側には土嚢を積み上げる。

・爆弾による攻撃が想定される場合は、1階の窓はポリカーボネート樹脂シートとメッシュのカーテンで補強しておく。

ホームセキュリティのアイデア

・コンピュータルームに入るにはICカードをカードリーダーをかざして回転ドアを通る必要がある。その回転ドアは1回だけ動き、一人ずつしか入室できないようになる。

 また、ドアとドアに挟まれている小部屋を用意するという手もある。その床は体重計になっている。ここでは、人間一人分の重量の範囲内かどうかを計算している。

参考文献

  • 『テロ対策ハンドブック』
  • 『コンピュータ犯罪研究総論』