このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ルーティングプロトコル

 ルーティングテーブルは、常に最新のネットワーク情報を反映していなければならない。更新作業をネットワーク管理者が手作業で行うのがスタティックルーティング(静的経路設定)、更新作業を自動的に行うのがダイナミックルーティング(動的経路設定)である。ダイナミックルーティングを実現するにはネットワークで更新作業を自動的に行う仕組みが必要である。これがルーティングプロトコルである。

IGPs

RIP(Routing Infomation Protocol)

・RIPは小規模なAS*1に限って使用されるプロトコルで、送信元と送信元の間に介在できるネットワークは最大で15である。

・ディスタンスベクターアルゴリズム(距離ベクトル型)のプロトコルである。

・基本的に、ホップ数(経由するルータの数)の少ない方に経路制御する。

OSPF(Open Shortest Path First)

・AS内を「エリア」に分け、各ルータが持つトポロジカルデータベースの肥大化を防いでいる。

EGPs

EGP(Exterior Gateway Protocol)

BGP(Border Gateway Protocol)

ルーティングアルゴリズム

ディスタンスベクター方式

 各ノードは自ネットワークに接続されているリモートネットワークの情報をもとに最適な経路を割り出す方式。

 ルーティングプロトコルとしてRIPIGRPなどが用いられる。

リンクステート方式

 ネットワーク全体の接続がわかる情報(トポロジー情報)を管理していて、この情報をもとにルーティングテーブルを作成・管理する方式。

 ルーティングプロトコルとしてOSPFなどが用いられる。

ルーティングの永久ループ防止

 パケットが永久ループするのを防ぐために次のような技術がある。

ポイズンリバース(poison reverse)

 経路情報を受け取った側のインタフェースに最大のコストで経路情報を送信する。例えばRIPの場合は最大コストが16で到達不能を意味する。

スプリットホライズン(split horizon)

 経路情報を受け取った側のインタフェースには、其の経路情報を送信しない。


*1 同一ネットワーク内を表す。例えば、大学やISPなどの単位。