このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

宣伝

 当サイトにおける暗号に関するページでは、説明が足りなかったり、誤った記述をしていたりするところがあります。今後、少しずつ修正する予定です。

 暗号理論の『暗号技術のすべて』が発売されています。初心者向けの暗号本です。これまで暗号本に何度か挑戦しつつも挫折してしまった方、学校の課題で悩んでいる方、資格試験にて暗号の問題が苦手な方などにお勧めです。

『暗号技術のすべて』宣伝サイト

 興味がある方は宣伝サイトを参照してください。Amazonでも発売中です。

公開鍵の定義

公開鍵証明書

 公開鍵暗号系でデータを暗号化するには、相手の公開鍵が必要である。通常公開鍵は相手から送ってもらうか、各ユーザーが自分の公開鍵を持っていて、要求に応じて与える方が安全かつ柔軟性がある。しかし、効率は落ちてしまう。

 この場合、公開鍵の正当性の確保が重要となるため、信頼できる機関であるCAがその公開鍵に署名を施す。署名が付いた公開鍵を公開鍵証明書(単に証明書とも呼ぶ)という。証明書の形にすると、公開鍵の扱い方が容易になる。

参考文献

『暗号理論入門 [第2版] 』