このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ビジュアル表現

 ビジュアル表現とは、図表・グラフ・その他の図解(画像など)・マルチメディアを用いた表現のことである。

 ビジュアルデータは文字データの約5〜10倍の速度で理解される。そのため、適切なビジュアル表現はプレゼンテーションなどで非常に効果的である。

ビジュアル表現の種類

  • 表(table)
    • 複数の要素軸にしたがって、対応するデータを位置付けたもの。
      • 要素の関係が一義的に決まり、わかりやすいが、全体構造は見にくい。
      • 整理に便利である。
  • 図表(graph:グラフ)
    • 複数の要素軸にしたがって、対応するデータを視覚化できるように加工したもの。
      • 要素の関係を視覚化しているので傾向や全体をつかみやすいが、細部は読めない。
      • 統計分析に便利である。
  • 図解(illustration)
    • 対象を絵または図により表現したもの。
      • 対象を具象化しているので、感覚的に理解しやすい。
  • 図式(chart)
    • 対象となる言語データの意味を視覚化したもの。
      • 時間や手順などの流れが表現でき、体系的・組織的理解がしやすい。

ビジュアル表現の効果

  • 強い印象を与える。
  • 内容の関係・構造・変化などの全体を視覚的に理解させる。
  • 多量の情報を短時間で伝える。
  • 要点を明確に示せる。
  • 納得させるイメージを与える。

図解化の分類

チャート・図解の目的別の分類

相関関係の表現構造表現評価・判定の表現計画の表現整理・発見の表現
円交差チャート
網目チャート
二軸法(表型)
二軸法(図型)
ダイヤモンドチャート
焦点チャート
拡散チャート
円多重チャート
三角チャート
フローチャート
Jチャート
SDチャート
ランキングチャート(順序チャート)
ガントチャート
パート図(アローダイアグラム)
デシジョンツリー
親和図
系統図
連関図
特性要因図
マトリクス図(L型図)

グラフ利用の目的別の分類

内訳の表現大小・順位の表現推移の表現その他の表現
円グラフ
半円グラフ(相対半円グラフ)
二重円グラフ(内訳円グラフ)
構成比率棒(帯)グラフ
構成比層グラフ
パレード図
正方形グラフ
円→円グラフ、円→棒グラフ
棒グラフ
水平棒グラフ
積み上げ棒グラフ
重ね合わせ棒グラフ
複号棒グラフ
相対(水平対象)棒グラフ
ピラミッドグラフ
偏差棒グラフ
面積グラフ
層グラフ
折れ線グラフ
階段グラフ
道線グラフ
浮動棒グラフ
ファンチャート
レーダーチャート
損益分岐点グラフ
点グラフ
散布図
三角グラフ
複号グラフ(棒グラフ+折れ線グラフ)

ビジュアル表現技法

理解を促進する図解を心がける

 同じ図解やグラフであっても、配置によって相手の理解が変わってくる。また、同じ情報を表現しようとしても、適切でない図解やグラフを選択してしまえば、効果は半減してしまう。

  • 図解やグラフは必ず説明文を付けて、見開きの中に併置する。
    • 図解やその説明文が複数ページに渡ってしまうと、読み手はページをめくって照合しなければならない。それでは、何が記載されているか、わかりにくくなってしまう。よって、図解とその説明文が見開きのページに収まるように配置が可能ならば、なるべくそうした方がよい。
  • 図解やグラフで文章とは違った表現により、別の観点からの理解を深める。
    • 文章や図解は、両方を併用することによって、書き手の意図を適切に表現することができる。併置することが、異なる視点からの情報を受け手に与えるからである。ただし、図表は文字以上に印象の強いものだから、目的に応じて適切な用法を選択する必要がある。

論理を伝える矢印を活用する

 矢印を使えば、自然に論理の手順を理解させることができる。矢印の意味がはっきりさせておけば、読み手の誤解を招かない図が描ける。

 矢印には次のような意味を持つことを考えて、活用するとよい。

  • 時間の流れ
  • モノの流れ
  • 指示や制御の流れ
  • 処理の流れ
  • 手順・順序の流れ
  • 力の流れ

 このような意味を明確にするためには工夫も必要である。文字とアイコンを併用して使えば、なおよい。

参考文献

  • 『コミュニケーション技法』