このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#x997b11d]

#contents


*デジタル回路 [#w8b45a6c]

-『CODE コードから見たコンピュータのからくり』
-『プログラム学習によるマイコン制御 基礎編』
-『イラスト・図解デジタル回路のしくみがわかる本』
-『マイコン入門心得帖』平松啓二、森本淳尭 共著(オーム社)
--マイコンの基本
--個人的にはインタフェース技術における[[TTL]]の揃え方や[[電流条件]]のところ参考になった。

*ハードウェア制御 [#pdf4b018]

**CPU [#d06b3449]

***Z80 [#ud6e0fcd]
-『電子展望 1979年3月号』
--各種IC相当品一覧表
--KIMタイマの使い方

-『図解Z80 マイコン応用システム入門 ハード編 第2版』
-『初歩のディジタル回路5 Z-80プログラミング実習』
-『図解マイクロコンピュータZ-80の使い方』

**I/O [#xfa5d686]

-『計測/制御エンジニアのためのパソコン活用&実践講座 応用編』
-『電子展望 1979年1月号』
--I/Oポートの使い方

*ワンボードマイコンキット [#y5ce21d8]

-『マイ・コンピュータ入門 コンピュータはあなたにもつくれる』
--前半はワンボードマイコンが流行する背景など
--後半は著者によるワンボードマイコン活用のアイデア
---電子音楽へ(エレクトーン自動演奏システムと[[シンセサイザー]])の応用
---マイコンの拡張システム([[テレタイプライタ]]との接続、データ通信、宇宙通信)

**TK-80 [#oc1330ee]

-『復活!TK-80』
--Windowsで動作するTK-80のシミュレータ付き。
--TK-80の開発秘話も載っている。
-『ラジオの製作別冊 絵で見るマイコン入門』橋本順次(電波新聞社)
--前半(4分の2):デジタル回路、半導体の解説
--中盤(4分の1):Z80プログラミング
--後半(4分の1):TK-80の使い方、その他のマイコントレーニングキットの資料
-『ステップ式 誰にでも短時間にマスターできる マイコン基礎講座』小黒正樹(廣済堂)
--昭和56年3月出版
--ワンボードのマイコンキット一般の話題
---キットを組み立てた後で動かないときの対処方法
---「マイコンのお目覚めプログラム」でキーインの練習
--[[デジタル回路]]の解説
---論理ゲート
---CPU[[8080]]
---ドライバ[[8224]]
--アセンブリ言語と機械語の解説
---主なマイコンキット(主にTK-80)のモニタサブルーチン
---擬似乱数生成、ゲームなど色々
--拡張
---マイコンから音を出す(アンプへのつなぎ方、シールド線の剥きかたを含む)
---CMTインタフェース
-『電波科学 1978年2月号』
--P221「TK-80のハードを拡張する」
-『学習コンピュータ1978年2月号別冊付録 シングルボード・マイコンの操作 モニターとオペレーション』
--TK-80の解説が主。
--KIM-1,LKIT-16,H68/TRなどは2〜3ページだけ操作の基本の基本が解説されている。
-『トランジスタ技術 1978年5月号』
--マイクロコンピュータ用電源について
--RCAのCOSMACを用いたToy Computerを作ろう Part2
--ASCII/Baudotコード両用のCRTディスプレイ
--最高・最低温度計の製作
---TK-80に一切の改造なく、温度センサーIC、A/Dコンバータ、クロックパルス発振器を組み合わせて製作できる。
-『学習コンピュータ1978年2月号別冊付録 シングルボード・マイコンの操作 モニターとオペレーション』
--[[TK-80]]、[[KIM-1]]、[[LKIT-16]]、[[H68/TR]]
-『組み立てから活用法まで マイコン入門』
--[[TK-80]]の組み立て方法
--[[TK-80]]用のプログラム
---鉄道模型のコントロール

**TK-85 [#hbec60db]

-『マイクロコンピュータTK-85 TRAINING BOOK ハードウェアとソフトウェア』
--TK-85のマニュアル
-『必修TK85で学ぶ マイコン制御とアセンブラ入門』
--主にTK-85のアセンブリ言語のプログラミングを取り扱っている。『マイクロコンピュータTK-85 TRAINING BOOK ハードウェアとソフトウェア』の演習本として使うといいかも。
-『TK-85によるマイコン制御入門』
--TK-85を使ったハードウェアとその制御のプログラミングを取り扱っている。
-『センサー、コントローラの生かし方 マイコンのホビー活用』(学研)
--TK-85のI/Oポートを利用法


**TRNジュニア [#h1794f16]

-『トランジスタ技術SPECIAL No.29』
-『トランジスタ技術SPECIAL No.38』


**H68/TR [#g594a26a]

-『インターフェース 1977年2月号 No.13』
--H68/TRの解説(15ページ)
--8080AとダイナミックRAMを簡単にインターフェースする
--8080のスタックを用いたひとつのプログラミング技法
--マイクロコンピュータによるCRC演算
--データロガーへの応用
--TK-80を使ったP-ROM簡易書き込み器


**LKIT-16 [#q0442e80]

-『月刊RAM 1978年12月号』
--8080&6800用PROMライターとイレーサーを超安価で作ろう
--LKIT-16でバッハとクライスラーを演奏する
--数字表示器の制御法


**NEXUS-80 [#haa61407]

-『Z80シングルボードコンピュータの入門と実践』
--前半はマイコンのハードウェアとソフトウェアについて
--後半はNEXUS-80の構成と運用について


*ワンチップマイコン [#bc3e1e5f]

**8052BASIC [#hb301e01]

-『トラ技ORIGINAL 1991 No.7』
--「すぐに使えるボード・コンピュータの製作」という記事

**PIC-BASIC [#zac4dd79]

-『わかるマイコン電子工作 公式PIC-BASIC活用ブック』


*オール自作 [#fc644222]

**CPU [#l01de640]

-『つくるシリーズ2 つくるコンピュータ 手作りコンピュータのすすめ』
--ATOM-8
---CPUも自作
---RAM [[1101]]を利用
--TC-1
---汎用シフトレジスタを用いたCPU
--MYCOM-4の製作
---[[μPD751D]]を利用したマイコン
--TC-2
---[[8008]]を利用したマイコン
--TVゲームディスプレイ装置の製作
---[[ライトペン]]でオセロゲームを操作可能
--ラインプリンタコントローラの製作
---MCS-40を利用(CPU [[4040]])
-『CPUの創りかた』
--[[TD-4]](4ビットCPU)

**CPUを除くマイコン [#jcfa324c]
**マイコン [#jcfa324c]

-『続・ディジタルIC実験と工作マニュアル』
--1ビットマイコン
---CPU:MC14500B
---RAM:2101
-『マイコン実験と工作マニュアル』昭和52年発行
--RAMを使ったプログラムタイムスイッチ
--マシンコード式マイコン
---CPU:CDP 1802
-『続・マイコン実験と工作マニュアル』昭和53年発行
--8080を使った最小単位のマイコン
---CPU:[[8080A]]
---RAM:[[2101A]]
-『I/O別冊 .泪ぅ灰鹽按豸Φ罅
--M6800を使ったマイコン
--[[キャラクタディスプレイ]]、[[キーボード]]、[[放電プリンタ]]、[[A/D変換器]]、[[D/A変換器]]、[[FDD]]の製作
--キットの製作紹介
---MEK6800DII
---H68/TR
---LKIT-8
---SWTPC MP-68
---SWTPC CT-64
-『マイコン手づくり塾』昭和56年発行
--Λ-1
---CPU:8870
-『初歩のディジタル回路3 手作りマイコン』(技術評論社)
--[[Babbage-1号]]
---[[Z-80A]]
-『Z80アセンブラがわかる 手作りマイコン Babbage3号』
--[[Babbage-3号]]
---[[AKI-80]]
-『はじめてつくるデジタル回路』2001年発行
--CPU:Z80
--ROM:M27C256B
-『ホビーエレクトロニクス ディジタル回路の手ほどき』
--SRAMの実験基板
-『つくるシリーズ 私だけのマイコン設計&製作』
--[[MYCOM-8]]
---CPU:[[MC6800]]
-『トランジスタ技術 1978年6月号』
--RCAのCOSMACを用いたToy Computerを作ろう Part3
--手のひらに乗るP-ROMライタ
-『トランジスタ技術 1978年7月号』
--RCAのCOSMACを用いたToy Computerを作ろう Part4
-『トランジスタ技術 1978年11月号』
--RCAのCOSMACを用いたToy Computerを作ろう 最終回
--マイコン時代のA/D変換
-『古典電脳物語』
--[[8085]]、[[Z80]]、[[CP/M]]、[[タイニーBASIC]]
-『つくるシリーズ4 つくるマイコン 続・手作りコンピュータのすすめ』
--FAMCOM-80
--MORSE II
---[[8080]]を用いたモールス符号解読
--8080用ビデオゲーム
---オシロスコープを表示器に利用
--[[TK-80]]の製作と応用
--[[F-8]]を用いたマイクロコンピュータデバッガの製作とP-ROMライタへの応用
--メモリ[[2102]]の性質
-『マイ・コンピュータをつくる 組み立てのテクニック』
--電子そろばん
---M6802を用いたマイコン
---メモリ値の表示はAltair風
-『100万人のマイクロコンピュータ(下巻)』(テクノ)
--[[4265]]と[[2112A]]を使った4ビットマイコンの自作
-『実験で学ぶディジタル回路』(啓学出版)
--後半で[[HONTAC ]]の製作


**モニタ [#h50c5161]
**周辺機器 [#m9310d88]

-『マイ・コンピュータ入門 コンピュータはあなたにもつくれる』
--前半はマイコンの基本
--後半に著者による改造工夫が色々書いてある
---電子音楽への応用
---マイコンの拡張システム
-『マイ・コンピュータをつかう 周辺機器と活用の実際』
--[[ファイルシステム]]の設計
--メモリファイルシステム
--シーケンシャルファイルシステム
---[[紙テープ]]
--アプリケーションファイルシステム
---[[カセットテープレコーダー]]
--ファミリーファイルあれこれ
--電大版TinyBASICのオブジェクトファイルのマシン語コード付き

***テープレコーダー [#l109bbae]

-『ホビーテクニック テープレコーダーの使い方百科』
-『トランジスタ技術 1978年3月号』
--Intel[[8085]]の徹底研究
--リモコン付きカセット・インターフェース
-『トランジスタ技術 1978年12月号』
--マイコン世代のハードロジック技術新釈
--高速カセット・インターフェース規格「サッポロシティスタンダード」について
---ノーマルテープで3,200Bボー


***FDD [#l3d52cdb]

***モニタ [#h50c5161]

-『電子展望 1979年2月号』
--アドレッシングさまざま
--画像とカラーディスプレイのキーポイント

**電卓 [#d9edc314]

-『電卓速算術入門 パーソナル電卓で計算に速くなろう』

**時計 [#j8ed082b]

-『はじめて学ぶ手ほどきデジタル回路』昭和62年発行


*その他 [#z043e58d]
*プログラミング [#q9124706]

**機械語 [#e3c64cfa]

*未購入 [#b7ce9311]
-『電子展望 1978年12月号』
--やさしい機械語入門 6502

-パソコン・インターフェースの製作実習 (技術評論社)
横山直隆 著技術評論社 1986年9月25日発行A5版 357頁 定価2100円
-技術評論社 1986年3月1日発行A5版 309頁 定価2100円
-初歩のディジタル回路ー4『Z-80実用マイコン製作』相原隆文 著
**アセンブリ言語 [#v2efede6]

***Z80 [#ud6e0fcd]

-『図解Z80 マイコン応用システム入門 ハード編 第2版』
-『初歩のディジタル回路5 Z-80プログラミング実習』
-『図解マイクロコンピュータZ-80の使い方』

***8086 [#c6b5b995]

-『図解16ビットマイクロコンピュータ 8086の使い方』

***MC6800/68000 [#jae79594]

-『I/F BOOKS マイクロコンピュータの内部構造と機械語 6809CPUプログラミング入門』
-『I/F BOOKS 16ビット・マイクロコンピュータとプログラミングの基礎 MC68000のアセンブラ入門』

**BASIC [#e3377713]


*その他 [#z043e58d]

-『電子展望 1978年11月号』
--TVタイプライタの製作
--リアルタイムBASICのすべて