このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#b9438485]

#contents


*諜報機関の任務 [#t9916b56]

 諜報機関の基本的な任務は次の通りである。

|諜報任務(スパイ)|敵国に関する情報資料の入手、分析|
|防諜任務(対スパイ)|国内における敵国スパイの監視|
|保全任務|国内重要施設の警備|
|特殊工作|暗殺、サボタージュなどの特別任務|
|特殊工作|暗殺・サボタージュなどの特別任務|


*レジスタンス勢力による破壊工作 [#g003a754]

 敵国のレジスタンス勢力と協力すれば効果的に敵国にダメージを与えることができる。主な破壊工作として、電信柱の切断、橋の爆破、列車の転覆などが挙げられる。
 敵国のレジスタンス勢力と協力すれば効果的に敵国にダメージを与えることができる。主な破壊工作として、[[電信柱]]の切断、[[橋]]の爆破、列車の転覆などが挙げられる。

例:ヨーロッパ全土のレジスタンス勢力はリバレーター拳銃(10発のみの使い捨て拳銃。100万丁以上がレジスタンスの手に渡り、銃1つあたり2ドル弱)を使い、ドイツ軍を襲った。この使い捨て銃で敵を射殺することよりも、主にドイツ軍の拳銃やサブマシンガンを奪うための手段として用いられた。
例:ヨーロッパ全土のレジスタンス勢力はリバレーター拳銃(10発のみの使い捨て拳銃。100万丁以上がレジスタンスの手に渡り、銃1つあたり2ドル弱)を使い、ドイツ軍を襲った。この使い捨て銃で敵を射殺することよりも、主にドイツ軍の拳銃やサブマシンガンを奪うための手段として用いられた。 ◇

 サボタージュ活動には、このような物理的な攻撃の他にも心理的作戦も備えている。例えば、敵国はいつどこが襲撃されるか分からないので、施設を守るために兵力を分散して常時緊張を強いられるわけである。


 しかし、過去に味方したレジスタンス勢力が将来的に敵になることもある。

例1:第2次世界大戦中、ホー・チー・ミンを指導者として対日本のレジスタンス行動を行っていた。これをアメリカは支援していた。しかし、ベトナム戦争ではホー・チー・ミンが敵側に周ってしまった。 
例1:第2次世界大戦中、ホー・チー・ミンを指導者として対日本のレジスタンス行動を行っていた。これをアメリカは支援していた。しかし、ベトナム戦争ではホー・チー・ミンが敵側に周ってしまった。  ◇

例2:1979年12月のアフガニスタン紛争では武装イスラム勢力とアメリカは協力してソ連軍と戦った。しかし、イラン革命以後、反米感情が吹き荒れ、最終的にアメリカとエジプトが手を組んだことを引き金として、イスラム原理主義者たちはアメリカを敵をみなした。 
例2:1979年12月のアフガニスタン紛争では武装イスラム勢力とアメリカは協力してソ連軍と戦った。しかし、イラン革命以後、反米感情が吹き荒れ、最終的にアメリカとエジプトが手を組んだことを引き金として、イスラム原理主義者たちはアメリカを敵をみなした。 ◇ 

例3:茶々丸と三浦時高を討伐する際に、三浦義同【ヨシアツ】という僧が北条早雲に先陣を頼みこんだ。早雲はそれを許し、義同は兵200を率いて三浦半島の新井城を急襲した。結果、勝利し、義同は新井城を治めることになった。数年後、早雲が大森藤頼を騙し一兵も損なわず小田原城を手に入れました。義同は元々小田原の領主である扇谷【オウギガヤツ】上杉の一族の出身であり、さらに大森氏は義同の母の実家という関係なので、早雲のこの行動に憤慨し、敵対した。苦戦を強いられたが、最終的に早雲が勝利し、1512年8月13日に鎌倉入りをした。
例3:茶々丸と三浦時高を討伐する際に、三浦義同【ヨシアツ】という僧が北条早雲に先陣を頼みこんだ。早雲はそれを許し、義同は兵200を率いて三浦半島の新井城を急襲した。結果、勝利し、義同は新井城を治めることになった。数年後、早雲が大森藤頼を騙し一兵も損なわず小田原城を手に入れました。義同は元々小田原の領主である扇谷【オウギガヤツ】上杉の一族の出身であり、さらに大森氏は義同の母の実家という関係なので、早雲のこの行動に憤慨し、敵対した。苦戦を強いられたが、最終的に早雲が勝利し、1512年8月13日に鎌倉入りをした。 ◇