このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
*目次 [#i18e988f]

#contents


*特徴 [#a61cda9d]

-同軸ケーブルは同じ材質で、同じ構造であれば、太いほど電流の流れがよくロスが少なくなる。そして高い周波数で使うほどケーブル内でのロスは大きくなる。特に高いタワーで、高い周波数で運用するときは注意すること。


*同軸ケーブルの記号の意味 [#p8f0a530]

 同軸ケーブルは10D-FBのような記号が付いている。

+最初の「10」はケーブルの内径をミリ単位で表したもので、数字が大きくなるほど高周波のロス(損失)が少なくなる。
+次の「D」はケーブルの特性インピーダンスを表す。「C」なら75Ω、「D」なら50Ωである。ハムの場合「D」を使う。
+最後の「FB」はケーブルの構造や絶縁体の材質をあらわしたものである。「FB」というのは心線が太くて良好な絶縁物を使ったもので、主にUHFバンドに使われる。HFバンドでは「3D」「5D」「8D」など、VHFバンドでは「8D」「10D」「12D」などが使われる。


*同軸ケーブルの種類 [#d354ab15]

 同軸コネクタにはM型・N型・BNC型がある。


*同軸コネクタと同軸ケーブルの接続 [#deff63af]

-同軸コネクタを同軸ケーブルにはんだ付けするときは、60〜80Wぐらいの強い[[はんだごて]]で一気につけないと、コネクタの心が曲がったり取れたりするので注意が必要である。