このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#a8f4ed06]

#contents


*はじめに [#z0fa7ec9]

 個人的によく使うテクニックのメモ。


*大きい∧ [#o5ff9b97]

 \bigwedge

-http://sauron.urban.eng.osaka-cu.ac.jp/~mori/computer/tex/other/Latex_help.html
*図を並べて表示 [#xfe0899e]

 minipageを利用しても良いが、次のようにやった方が楽。

 \usepackage{graphicx}
 
 \begin{figure}[htbp]
   \begin{center}
     \begin{tabular}{cc}
       \includegraphics[width=0.5\hsize,clip]{tiger.eps}
       &
       \includegraphics[width=0.5\hsize,clip]{tiger.eps} \\
       (a)tiger & (b)tiger \\
     \end{tabular}
   \end{center}
   \caption{虎の絵。(a)虎、(b)虎}
 \end{figure}


*ページ番号 [#t4be40e9]

-http://at-aka.blogspot.com/2006/09/latex.html


*図表領域のパラメータ [#t8b54ca8]

\renewcommand{\intextsep}{1}

*文字数をカウントする [#q377ba84]

-TeXコマンドも含んでカウントする場合(あまり使い道がないかも)
--Cygwinなどのコンソール上でwcコマンドで、カウントしたいTEXファイルを指定する。
-TeXコマンドを抜いて、印刷すれる純粋の文字列をカウントしたい場合
--DeTeX(http://www.cs.purdue.edu/homes/trinkle/detex/)を利用して、TeXコマンドを消してからwcにかければよい。
---DeTeXをかける際には latex 文書が途中で壊れていないか(要するにコンパイルが通るかどうか)注意する必要がある。
--DeTeX+emacs lisp
---http://www-tsujii.is.s.u-tokyo.ac.jp/%7Eyoshinag/tips/elisp_tips.html#wc


*絶対値の拡大 [#bde2b029]

 \big|
 \Big|
 \bigg|
 \Bigg|

 \bigmなどを使うと絶対値の前後に少し幅を取る


*バー [#r8ddee25]

 \barは一文字だけ。複数文字にアンダーラインあるいはオーバーラインをつけたければ、次のようにする。
	
 \underline{ }
 \overline{}


*Tex数式⇒パワポ [#n855a010]

**EPSファイルを手動で作成 [#vc554f09]

 貼りたい数式のみをTeXで記述してDVIファイルを作る。このとき、\documentclass{slides}にすると、文字が太くなりスライド上で見やすいようだ。なお、コマンドプロンプトで「dvipsk -E -o test.eps test.dvi」と入力すると、背景が透明のEPSファイルができる。

 後はエクスプローラなどでEPSファイルのディレクトリを開いて、EPSファイルをPowerPointにドラッグ&ドロップすればよい。


**TexPoint利用 [#ya5f92ef]


*newcommand [#z059140a]

**丸数字 [#pc24952c]

 \newcommand{\maru}[1]{{\ooalign{\hfill$\scriptsize#1$\hfill\crcr$\bigcirc$}}}

**温度 [#u22a1b03]

 \newcommand{\degree}[1]{\mbox{$#1^{\circ}$}}
 % 90゜

 \newcommand{\ondo}{\mbox{$C^{\circ}$}}
 % C゜


*筆記体 [#i82f86a4]

 \mathcal{x}のように小文字はダメ。文字化けする。

*添え字 [#y8daf5f9]

 次の2つの表示は異なる。後者の方が*が後ろにつく。

 c_{(x)}^*
 {c_{(x)}}^*


*その他 [#j6c71a46]

-垂直のテキストボックスを含むVisioのデータをwmf2epsにwmfデータとして取り込むと、一部変になってしまうことがある(垂直テキストとして指定していない部分も垂直に表示されたりする)。もちろん、これから作ったEPSファイルも変になる。