• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • シャッター錠 へ行く。

*目次 [#d97924d5]
諸事情により解錠の方法については公開を停止します。~
書籍『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』では、錠前の構造、歴史、鍵開けについて詳細に解説しているので、そちらを参照してください。

#contents
*宣伝 [#ed3b39b6]

 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。サイトの内容はほとんど参照しないで書いたので、あまり重複していないと思います。

[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]

 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
-興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。
-[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。


*構造 [#a1c23b48]

・シャッターの鍵のほとんどが、ディスクタンブラー錠を採用している。 
//*目次 [#d97924d5]
//
//#contents
//*宣伝 [#ed3b39b6]
//
// 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
// 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。サイトの内容はほとんど参照しないで書いたので、あまり重複していないと思います。
//
//[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]
//
// 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
//
//
//*構造 [#a1c23b48]
//
//・シャッターの鍵のほとんどが、ディスクタンブラー錠を採用している。 
//
//・メーカーにもよるが、錠前部にクラッチ構造があるのが特徴的。 
//
//・三和旧型、文化旧型、カワカミ等に共用できる交換用シャッター錠前が存在する。ただし、ユニバーサルタイプで各社の寸法に合うように作られているが、一部のメーカーで合わず分解が必要。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/sya2.jpg)
//錠前部。重さは約320g。
//#img(,clear)
//
//・シャッターの鍵は次の通り。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/sya1.JPG)
//シャッターの鍵。ディスク数が少ないことと、ダブルサイドであることがわかる。
//#img(,clear)
//
//
//*動画で理解する [#y61ef4db]
//
// これを手に入れたので、ピッキングするところを動画にしてみました。 
//
//-[[動画1:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/akademeia_picking6.AVI]]
//(アカデメイアオリジナル。ピッキングツールだけで開錠するがシリンダーだけが回っている。脇の伸び縮みする部分が動いていないことに注目)
//-[[動画2:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/akademeia_picking5.AVI]]
//(アカデメイアオリジナル。文化シャッター回しを使ったところ。伸び縮みしていることに注目)
//-[[動画3:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/akademeia_picking7.AVI]]
//(アカデメイアオリジナル。裏から錠前部を見たところ。クラッチ機構が見えるのがわかる)
//
//
//*手動によるシャッターの錠の解錠 [#f5f3e809]
//
//・シャッター全体をぐいと奥に押し込むだけで、偶然かんぬきが外れてしまうことがある。これはシャッターの種類による。 
//
//・シャッターの設置者側は少なくとも複数箇所の錠を設置するべきである。 
//
// 
//*三和シャッターテンション利用による三和シャッターの解錠 [#r258e74e]
//
//・三和シャッターには鍵穴の奥にスイッチ機構が設けられている。 
//
//・ピッキングで開錠するなら、そのスイッチを押しながら、テンションをかけなければならない。鍵穴が大きいため、普通のテンションでは回転力を加えることができない。そこで、普通のテンションよりも太い金属で作られた専用のテンション(三和シャッターテンション)を使用する。
//
//
//*文化シャッター先端回し利用による文化シャッターの解錠 [#j364b64d]
//
//・MIWAのディスクシリンダー錠と同様にクラッチ機構が設けられている。 
//
//・普通にピッキング下だけでは内筒が空回りするだけである。 
//
//・そこで、ピッキングが終了したら専用のツール(文化シャッター先端回しというクラッチ回し)を挿入して、内筒に回転運動を加える。
//
//
//*シャッターマジック利用によるシャッターの錠の解錠 [#g876daf1]
//
//・シャッターマジックはピッキングツール3本分(ピック、テンション、クラッチ回し)の役割を1本で担っている道具である。 
//
//・最大の特徴は、シャッター専用に作られていること。よって、素人でも簡単に使えるのである。 
//
//・使い方は簡単で、鍵穴に挿入したら左右にガチャガチャと振って、開錠方向に回転運動を加えるだけである。 
//
// 
//*ジャッキ利用によるシャッター突破 [#g83b06eb]
//
//・ブロックや角材を台にして、バールをシャッターの下に差込み、こじ上げる。シャッターはこじ上げると復元作用がないので、バールを外し、自動車の大型ジャッキを隙間に入れて、シャッターを持ち上げる。25cmほど持ち上げれば、身体が入ることができるので、その隙間から侵入する。

・メーカーにもよるが、錠前部にクラッチ構造があるのが特徴的。 

・三和旧型、文化旧型、カワカミ等に共用できる交換用シャッター錠前が存在する。ただし、ユニバーサルタイプで各社の寸法に合うように作られているが、一部のメーカーで合わず分解が必要。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/sya2.jpg)
錠前部。重さは約320g。
#img(,clear)

・シャッターの鍵は次の通り。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/sya1.JPG)
シャッターの鍵。ディスク数が少ないことと、ダブルサイドであることがわかる。
#img(,clear)


*動画で理解する [#y61ef4db]

 これを手に入れたので、ピッキングするところを動画にしてみました。 

-[[動画1:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/akademeia_picking6.AVI]]
(アカデメイアオリジナル。ピッキングツールだけで開錠するがシリンダーだけが回っている。脇の伸び縮みする部分が動いていないことに注目)
-[[動画2:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/akademeia_picking5.AVI]]
(アカデメイアオリジナル。文化シャッター回しを使ったところ。伸び縮みしていることに注目)
-[[動画3:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/akademeia_picking7.AVI]]
(アカデメイアオリジナル。裏から錠前部を見たところ。クラッチ機構が見えるのがわかる)


*手動によるシャッターの錠の解錠 [#f5f3e809]

・シャッター全体をぐいと奥に押し込むだけで、偶然かんぬきが外れてしまうことがある。これはシャッターの種類による。 

・シャッターの設置者側は少なくとも複数箇所の錠を設置するべきである。 

 
*三和シャッターテンション利用による三和シャッターの解錠 [#r258e74e]

・三和シャッターには鍵穴の奥にスイッチ機構が設けられている。 

・ピッキングで開錠するなら、そのスイッチを押しながら、テンションをかけなければならない。鍵穴が大きいため、普通のテンションでは回転力を加えることができない。そこで、普通のテンションよりも太い金属で作られた専用のテンション(三和シャッターテンション)を使用する。


*文化シャッター先端回し利用による文化シャッターの解錠 [#j364b64d]

・MIWAのディスクシリンダー錠と同様にクラッチ機構が設けられている。 

・普通にピッキング下だけでは内筒が空回りするだけである。 

・そこで、ピッキングが終了したら専用のツール(文化シャッター先端回しというクラッチ回し)を挿入して、内筒に回転運動を加える。


*シャッターマジック利用によるシャッターの錠の解錠 [#g876daf1]

・シャッターマジックはピッキングツール3本分(ピック、テンション、クラッチ回し)の役割を1本で担っている道具である。 

・最大の特徴は、シャッター専用に作られていること。よって、素人でも簡単に使えるのである。 

・使い方は簡単で、鍵穴に挿入したら左右にガチャガチャと振って、開錠方向に回転運動を加えるだけである。 

 
*ジャッキ利用によるシャッター突破 [#g83b06eb]

・ブロックや角材を台にして、バールをシャッターの下に差込み、こじ上げる。シャッターはこじ上げると復元作用がないので、バールを外し、自動車の大型ジャッキを隙間に入れて、シャッターを持ち上げる。25cmほど持ち上げれば、身体が入ることができるので、その隙間から侵入する。