このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 鍵の基本 へ行く。

*目次 [#q2a594bc]
諸事情により解錠の方法については公開を停止します。~
書籍『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』では、錠前の構造、歴史、鍵開けについて詳細に解説しているので、そちらを参照してください。

#contents

*宣伝 [#ed3b39b6]

 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。サイトの内容はほとんど参照しないで書いたので、あまり重複していないと思います。

[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]

 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
-興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。
-[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。



諸事情により解錠の方法については公開を停止します。~
興味のある方は、書籍『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』の方が詳しいので、そちらを参考にしてください。

//*目次 [#q2a594bc]
//
//#contents
//
//*宣伝 [#ed3b39b6]
//
// 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
// 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。サイトの内容はほとんど参照しないで書いたので、あまり重複していないと思います。
//
//[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]
//
// 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
//
//
//
//
//*鍵の基本 [#gc5a1c1f]
//
// この講座を読むにあたり最低限知っておかなければならないことを列挙します。 
//
//
//*開錠、解錠、破錠、施錠 [#w6011769]
//
//|開錠【かいじょう】|・正当な方法で鍵を開ける方法。|
//||・純正キーまたは合鍵を使って、鍵を開けること。|
//|解錠【かいじょう】|・純正キーや合鍵を使わずに鍵を開けること。|
//||・ピッキングなどはこれに含まれる。|
//|破錠【はじょう】|・鍵を壊して突破すること。|
//|施錠【せじょう】|・鍵をかけること。|
//
//
//*鍵の開け閉め [#l4034993]
//
//・右回りで開鍵(鍵を開けること)、左回りで施鍵(鍵をかけること)。 
//
//・通常の鍵は1周で開くが、アメリカ式だと2,3周しないと開かないタイプもある。 ←別に今は覚える必要はない。頭の片隅へ。 
//
//・デッドボルトの位置によっても回転方向が違う。
//
//#ref(dead1.gif,center)
//
//*鍵の構造 [#ubd4be23]
//
// 一般的な鍵は次の3つに分類されます。
//
//|鍵|持ち運ぶキーのこと。|
//|シリンダー|鍵穴内の機構のこと。|
//|ロックセット|ドア内部のロック機構。|
//||正規の鍵でシリンダーを回せば、ロックが解除されるわけである。|
//
// シリンダーは次の図のような鍵を指す部分です。なお、ピンを使用しているのでピンタンブラーです。他の鍵もピンの代わりに色々使っているだけで、基本となるのはこの構造です。
//
//#ref(key4.JPG,center)
//
// ここに正しくない鍵(上図)と正しい鍵(下図)を挿入したところを示してみよう。
//
//#ref(key5.jpg,center)
//
// 正しい鍵を挿入したとき、上ピンと下ピンの区切りが水平線に一直線になっていることがわかります。この状態で鍵を回すと、くるっとまわるわけです(左図)。揃ってない状態で回そうとしてもピンがひっかかって回りません(右図)。 
//
//*実物参考図 [#abe4e469]
// ピンのところだけを実物で抜き出してみました。
//
//#ref(key7.jpg,center)
//#ref(keys6.jpg,center)
//
// ここまでの説明は大丈夫でしょうか?鍵が回せたら、それに繋がっているカムが動いて、ドアのロック機構(ひっかかってるところ)がはずれるわけです。
//
//
//*Flashでわかる構造 [#h0ecac44]
// 次のflashで実験していてください(左下の緑の丸ボタンを押してください)。
//
//#ref(right_key.swf)
//#ref(wrong_key.swf)
//
//*錠前のパーツ [#p993e904]
//
//|デッドボルト(閂【かんぬき】)|・施錠時に扉の中から飛び出し、向かいの壁に開けられた穴(箱錠)に入り込んで扉を開けなくする、錠前の中でも最も重要なパーツ。|
//|ラッチボルト(あおり止め)|・ドアが風などで開いてしまわないように、錠前に内蔵されている部品。|
//||・ノブを回せばラッチボルトは引っ込み、ドアは開く。|
//|シャーライン|・内筒と外筒の境目の隙間のこと。|
//||・このシャーラインにディスクなどの障害物があると、内筒は回らず開錠できない。|
//||・ほとんどのシリンダー錠は、正しい鍵を挿入すると、シャーラインをまたぐ障害物がなくなり、内筒が回る仕組みになっている。|
//|ピン|・ドライバーピンよりも内筒側にあるパーツ。|
//||・正しい鍵を差し込むと、すべてのピンがシャーラインよりも内筒側に揃う。|
//|ドライバーピン|・鍵を差し込まない状態では内筒と外筒にまたがり、内筒が回るのを阻止している。|
//||・正しい鍵を挿入すると、ぴったりと外筒の中に収まり内筒は回るため開錠できる。|
//|内筒|・円筒型をした錠前の鍵を差し込む部分。|
//||・内筒が回ることによって、デッドボルトが連動して開錠する。|
//|外筒|・ドアに設置された円筒型のパーツ。|
//
//*最も基本となる鍵の種類 [#lecc77df]
//
// 最も身近な鍵の種類はピンタンブラー錠とディスクタンブラー錠である。いずれもシリンダータンブラー錠に属するタイプである。他にも古い鍵のタイプや新しいタイプのものなどたくさんあるが、まず最初はこの2つの存在を覚えておこう。 
//
// その他のタイプの一覧を一応載せておく。 
//
//|ウォード鍵|・内部に動かない障害物がある。|・昔の自転車|
//|||・居酒屋などの下駄箱の木製の板状キー|
//|レバータンブラー鍵|・ウォード錠の発展したもの。|・自動ドアや古い家|
//||・可変式の障害物が取り付けられている。|・ルイ・ヴィトンのバック(セキュリティーはそこそこ高い) |
//||・キーの種類が少ないため、セキュリティーが低い。||
//|シリンダータンブラー鍵|・かぎを設置する部分に、ある程度の厚み(奥行き)を必要とする。|・玄関|
//||・現在最もメジャーなタイプ。||
//||・ピンタンブラー、ディスクタンブラー、マグネットタンブラー、八万ロックなどもここに属する。||
//
//
//*箱錠 [#yf328ea6]
//
//・ドアの主錠がある箱錠の基本構造は次のようになっている。 
//
//#ref(hakojyou.jpg,center)
//
//・箱状のセキュリティについては[[ホームセキュリティ編]]⇒[[箱錠]]を強化するを参照せよ。
//
//
//*シリンダーの第○世代 [#s6de69fa]
//
// 別に覚える必要はないと思いますが、参考として載せておきます。 
//
//|第1世代|タンブラーによるロック構造 ピッキングで容易に開けられる。|
//|第2世代|対ピッキングのタンブラー|
//|第3世代|第2世代+コピー防止|
//
// この講座を読んで数時間(人によってはもっと早い)練習すれば、最低でも第1世代は開けることができるでしょう。また、講座を熟読して、道具を揃えていけば第2世代もいけます。第3世代はかなり難しいので、アカデメイアの規模が大きくなるにつれて、それに関する記事を載せることができたらいいなあと思っています。
//
//*鍵の部分名称 [#cc1a9aa3]
//・鍵の部分各称は次のようになっている。
//
//#ref(key_meisyou.jpg,center)
//
//・鍵が合う合わないは、鍵の長さ、厚さ、幅はもちろん、ストッパーやキー溝、鍵山がポイントとなる。 
//
// 
//*鍵の種類 [#w72ba0c4]
//
//|マスターキー|・ホテルやマンションなどに使われている1本の鍵で複数の部屋の錠前を開錠できる鍵。|
//||・傘収納鍵、マンションの鍵、自転車の前輪錠などのマスターキーなどが考えられる。|
//|メインキーとサブキー|・自動車にはドアやエンジン、トランクなど錠前がいくつも取り付けられている。このうち主にトランクだけ開錠できない鍵をサブキー、すべて開錠できる鍵をメインキーという。|
//|純正キー(子鍵)|・錠前が工場から出荷される段階から、錠前に付属している鍵。|
//|エックスキー|・鍵の左右ではなく、表面に刻みが付けられているタイプの鍵。|
//||・ピッキングは困難で、合鍵を作ることも難しい(実際に合鍵を作ると高い)。|
//||・マンションやゲーム機などで使用される。|
//|十字キー(クロスキー)|・鍵を正面から見ると十字の形をした鍵。|
//||・ピンシリンダー錠が4方向に設置されたものと考えればよい。|
//||・公衆電話機などセキュリティが高い場面に使われる。|
//|カードキー|・磁気カードやICカードなど。|
//||・通過する際に読み込みが必要な場面がある。|
//||・システムによっては入室管理の履歴を残したりもできる。|
//||・ホテル、コンピュータルームで使われる。|
//|ブランクキー|・鍵山のない鍵。|
//||・合鍵を作るときの元になる。|
//|プレスキー|・キーの形状を示す言葉。|
//||・ブランクキーがプレス加工によって作られていることからこのように呼ばれる。|
//||・プレスキーのほとんどがディスクタンブラー錠。|
//||・248もプレスキー。|
//|リバーシブルキー|・鍵山が左右対称のキー。|
//||・この場合は、ほとんどがディスクタンブラー錠。|
//
//
//*潤滑剤について [#d07d1a27]
//
//・鍵穴に吹きかけて、鍵の開け閉めがスムーズにするスプレーがある。 
//
//・ピンが詰まってうまくピッキングできない可能性もあるので、本気モードの場合は使うとよいかもしれない。 
//
//・鍵専用の潤滑油はいくつか市販されている。 
//
// 普通の機械油は使ってはならない。ピンやディスクに油が付くと、ほこりが付着してしまうため、動きが鈍くなってしまう。 
//
//・鉛筆の芯を削って粉末状にして鍵穴に入れて数回鍵を抜き差しすれば、潤滑剤の代わりになる。これだけでピンやディスクの動きが滑らかになる。わざわざ専用潤滑油を買う必要もないのだ。