• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 周波数変換 へ行く。

*目次 [#f0e70c25]

#contents


*周波数の変換 [#u9fbe997]

 ある周波数を別の周波数に変換する回路を''周波数変換回路''と呼ぶ。

例:スーパーヘテロダイン方式((受信した電波の周波数を、その周波数より低い一定の周波数にして増幅する方式のこと。))のラジオでは、周波数の異なる複数の放送局を受信しても、常に一定の中間周波数になるように、周波数を変換して増幅するようになっている。

 周波数変換回路では、周波数のスペクトル分布を変化させずに中心周波数を変化させる。周波数の逓倍でも中心周波数は変化するが、スペクトル分布も変化する。

 入力信号の周波数をfSUB{in};、局部発振器の周波数をf、出力信号の周波数をfSUB{out};とすると、fSUB{out};=f±fSUB{in};となる。

#img(http://security2600.sakura.ne.jp/main2/image1/henkan.jpg)
#img(,clear)


**乗算回路利用による周波数の変換 [#ibbd9fa2]

 具体的に周波数変換回路はどのように周波数変換を行っているかというと、乗算回路を利用している。乗算回路で2つの信号を乗算すると、2つの信号の和信号と差信号を取り出すことができる。

 局部発振回路の出力信号をAsin(2πft)、周波数変換回路の入力信号をBsin(2πfSUB{in};t)とすると、出力信号は次のようになる。

&mimetex("A \sin 2 \pi ft \times B \sin 2 \pi f_{in} t = \frac{AB}{2} \{ \cos 2 \pi \( f - f_{in} \) t - \cos 2 \pi \( f + f_{in} \) t \}");

**非線形回路利用による周波数の変換 [#f692f8a3]